鳥取県米子市車尾南1丁目15番48号
Facebook アクセス お問い合わせ
0859-30-3456
0859-30-3456
アクセス お問い合わせ

Dr.YUBIのもしもしクリニック開院中7

やる気メーター

医師になって8年。小学校の卒業文集で医師になることを宣言し、それに向かってやってきた。大学入試や医師国家試験は地獄だったが、そのたびに医師になる夢を思い出し、自らを奮い立たせて乗り越えた。
私は医師になった。しかし、その目標を達成したとき、自分にとっての最大の試練が訪れた。目標を達成したことで、やる気メーターがゼロになってしまったのだ。医師になることが目標で、医師になって何をするかということを見失ってしまったのだ。
私は自分に問いかけた、何のために医師になったのか。思い悩む中、子どものころにお世話になった小児科の先生を思い浮かべた。病弱だった私はよく近所の小児科に通っていた。月に何度も通うため、隣に引っ越してこいと言われたこともあった。私はこの先生が好きだった。そして私の目指す医師像は、ここにあるということを思い出した。
患者に家族のように接する医師だ。大病院で最先端の治療を行う医師、ブラックジャックのような最高の外科医、美容整形で大もうけなど医師の姿はさまざまだが、私の目指す医師は近所の町医者だ。そこに気が付いたとき、私のやる気メーターが再上昇した。町医者になるためには何を学ぶべきか。自分で考えそれに向かっていった。
今、私は「米子こどもクリニック」を開業し、自分の夢を実現しようとしている。まだまだ目指すところには遠いが、支えてくれるスタッフとともに、この地に根を張って一歩ずつ頑張っていきたいと思っている。そしてもう一つ夢がある。市域医療とは結びつかない夢かもしれないが、本気本音の夢だ。
今、私たちが「1、2」と2秒数える間に、世界のどこかで飢餓か病気で子どもが亡くなっている。私はこの現状が許せない。子どもたちの可能性は無限だ。その可能性がどんどん消えていくのは寂しいし辛い。私は小さな町医者だ。でも、いつかはここに手をさしのべられるような、そんな医師になりたい。私のやる気メーターは満タンだ。

 2014年3月19日 日本海新聞掲載
 


PAGETOP