鳥取県米子市車尾南1丁目15番48号
Facebook アクセス お問い合わせ
0859-30-3456
0859-30-3456
アクセス お問い合わせ

Dr.YUBIのもしもしクリニック開院中18

爽やかMAX
クリニックを立ち上げて3年目になるが、いろいろなことがあった。私は思い描く理想の医療に向かって突き進む一方で、経営者としての現実に直面した。まずぶちあたった壁は資金繰りだ。思いと勢いだけでスタートした事業はものの見事に回らなくなった。私は経営をなめていた。
精神的に追い詰められると患者さんはすぐに気づく。あっという間に患者数は減り、クリニックは悪循環にはまった。さまざまな方からアドバイスをいただいたが両極端な意見に揺れた。「経営はあとからついてくるから理想を追い続けろ」というもの、「経営さえうまくいけば、あとから理想の医療展開をしていけるから、とにかくクリニックを回せ」というもの。
私は後者からスタートした経費削除を徹底し資金に余裕をもたせようとしたのだ。しかし一時的に回復の兆しを見せたものの、すぐに頭打ちになった。理由は人を大切にしなかったためだろう。クリニックのスタッフはもちろんメーカーや卸の方にもいやな思いをさせたと思う。鏡をみるとそこにはとても醜い自分が映っていた。さわやかさゼロだ。こんなんじゃ、私にもクリニックも未来はない。
私は目先のことにこだわるのをやめた。どんなにつらくても、人を大切にして人に尽くしていくことにきめた。いつになるかはわからないが、きっとめぐりめぐって幸せが返ってくると信じた。
それからは憑きものが落ちたように、毎日が爽やかMAXになった。気持ちが変わると、周りの景色が変わって見える。状況は何ひとつ変わっていない。変わったのは自分だけだ。それでも何かが前向きに動き出す予感を感じずにはいられなかった。わくわく感がこみ上げてくるのは心地よかった。
それからはスタッフの笑顔が増え、少しずつ患者数が増え、クリニックは地域になじんでいった。まだまだ3年目、これからが正念場だが、「爽やかMAX」を忘れずに、みんなのために一生懸命つくしていきたいと私は思う。

2015年2月21日 日本海新聞掲載


PAGETOP